札幌医科大学附属病院 看護部

教育体制を知る

キャリア開発

 看護部では、キャリア開発を「個々の看護職員が組織の目標をふまえ、能力及びライフスタイルに応じて、組織の支援を受けながら臨床実践能力の向上に自分自身で取り組むこと」と定義し、私たち看護職が進む道をキャリアパスによって示すとともに、ラダーによる認定制度を用い、組織としての支援を行っています。

ラダー キャリアパス

ラダー

段階的に実践能力を評価するとともに、次の段階への目標を明示することで看護職の実践能力を高めることを支援します。ジェネラリストとしてのクリニカルラダーの他、管理者が対象となるマネジメントラダーなどがあります。

ジェネラリストのクリニカルラダー
マネジメントラダー

助産師ラダー

認定看護師ラダー

キャリアパス

看護職員一人ひとりが専門職として質の高い看護を提供し、自分が目指す看護職像に到達するための計画的な能力開発の道筋としてキャリアパスを示しています。

看護職キャリアパス
ジェネラリストどのような対象者に対しても経験および院内研修受講や大学・大学院進学などの自己研鑽によって培った暗黙知に基づき、その場に応じた知識・技術・能力を発揮し、実践者として役割モデルになるような、看護活動を行うものをクリニカルラダーレベルⅤ:ジェネラリストとしています。
卓越したジェネラリストジェネラリストの中でも、院内エキスパートナースコースや院外研修の受講による自己研鑽を通して修得した能力をもって卓越した看護活動を行うものを卓越したジェネラリストとしています。
院内エキスパートナース
(院内認定)
院内で専門分野の所定の研修コースを修了し、特定の領域における課題を明らかにし、自部署の看護の質の向上に貢献するものを院内エキスパートナースとして認定しています。
臨床看護教育者
(院内認定)
臨床看護教育者育成研修を修了し、看護職の教育・指導を行うほか、看護学科の教員と協働して看護基礎教育に参画し、看護学科と病院をつなぐ役割を担います。

キャリア発達(開発)のための支援

1.職場適応相談
新人看護職員を対象に年3回、不安軽減のために面談を実施します。

2.部署間ローテーション
自らのキャリアを考え6つのキャリアコースから選択し、部署をローテーションすることができます。

3.院内留学
自己のライフプランも視野に入れながら、自ら希望の部署での研修計画を立案し、専門職業人としてのキャリアプランを具体化していく機会としています。

助産師キャリアパス
midwife-careerpass